モカのあんよ Ⅳ

 22, 2017 02:57
モカの記事担当、むぎパパです。
モカ、8月19日に無事退院しました!!


当日は久しぶりにモカに合える嬉しさよりも、
どんな痛々しい姿なんだろう?
痛みで辛い思いをしているんじゃないか?
という心配な思いでした。



病院ではまず手術の内容をレントゲン写真を見ながら説明してくれました。


執刀してくれた院長先生は手術のため、若い副院長先生の話を聞きました。


術式は予定通り、インプラントによる肩関節全固定術で行われました。


肩甲骨の受け皿の凹部分と上腕骨の根本の丸い凸部分の両方に接合面を作るために
骨を平に削り接合した両方の骨をボルトやプレートや特殊なワイヤーで固定しました。


IMG_2471.jpg


う~ん、ちょっと分かりにくいでしょうか。。。



IMG_2479_20170822033212c8d.jpg


これぐらいアップだと分かりますね。。。


レントゲンで見ると、以前は骨の間隔が広く空いていたところが、
骨を削ることでピッタリと隙間なくくっつき、
複雑な角度から接合した骨を固定するボルトやピンが
打ち込まれているのが良く分かります。


先生には手術に使った特殊なワイヤーを見せてもらいました。


太いボルトを打ち込むための輪がたくさん繋がったようなワイヤーでとても丈夫でした。
手で曲げようとしても曲がらないほど固いのですが、
固定する関節の形に沿って立体的に機械で曲げるのだそうです。


IMG_2476_20170822033745df9.jpg



このワイヤーは海外では医療用として認可が下りていますが、
日本では関節の全固定術の臨床症例が少なく、
認可されていないので個人輸入して手術で使用しているそうです。


もちろん、医学博士の資格を持つ整形外科の権威である院長先生には
豊富な経験と熟練した技術があり、危険はありません。


医療技術の高さに驚くと同時に、
モカの体にこんなものが入ってるんだ・・・

と実感しました。


それから退院後の諸注意を受けましたが、とにかく安静、
激しい運動をさせないの1点でした。


もともと痛かった関節は、手術によって痛みの原因である
亜脱臼や炎症が無くなっているので思っているより普通に動くそうです。


びっこを引いているのは痛みではなく、
手術による違和感と聞き、なるほどな~と納得しました。


説明が終わり、待合室で待っていると
看護師さんがリードを付けたモカを連れて来てくれました。


歩くこともままならずヨロヨロと、または抱っこしてもらいながらの再会を想像していたら・・・


[広告] VPS



なんとビックリ!!


普通に大喜びで猛ダッシュ、むぎママに飛びついてきました。


想像とあまりに違う様子に、嬉しさよりも驚きしかないご対面でした。

まさに先生に聞いていた説明の通りで、これが大手術1週間後?

という動きです。

医療技術って、そしてワンコの身体ってすごいですね。。。



IMG_2484.jpg


そしてこの笑顔!


この笑顔が見たかったんです!!


この日は夕方、都心やむぎ家地方はすごい雷とゲリラ豪雨でしたが
渋滞の中、モカに負担がかからないよう安全運転で帰りました。


帰ってからのモカは熟睡・・・


病院でどんな思いで過ごしていたのか・・・
私たちが迎えに来てくれると信じていたのか・・・


そんなことを考えながら、すやすや安心して寝ているモカの姿を見ると、涙が出ます。


IMG_2543.jpg



手術創もキレイで順調に回復していますが、
いかんせん傷口が大きくてかわいそうです。


病院では食欲が落ちて、ウェットフードを混ぜないと完食しなかったそうですが、
帰宅後はいつものフードをドライだけで完食。
傷の痛みもあったのかもしれませんが、精神的なものが大きかったんでしょうね。。。


順調なら1週間後に抜糸、その2週間後にレントゲンで経過確認。
その後でエリザベスカラーを外して、少しずつお散歩復帰を目指します。

それまでは、


とにかく安静、安静、安静です。



骨の接合面が癒合するには1カ月から1ヵ月半くらいかかり、
違和感なく元通りに動けるには1年程度かかるそうです。


でも多少の違和感はあっても、常に痛みを感じながら、
動くことが苦痛な一生を考えるとこれからの長い犬生、
元通りの生活が送れれば、こんなに嬉しいことはありません。


少し高額な治療費ではありましたが、
かけがえのないモカの将来と幸せを考えると
我が家にとって正しい選択ができて良かったと思います。


改めて、我が家はワンコニャンコの幸せが、私たちの幸せなんだ・・・と実感しました。


また随時、モカの様子はご紹介していこうと思います。
ご心配いただいた皆様、心強い励ましを下さった皆様、本当にありがとうございました。



スポンサーサイト

COMMENT 10

Tue
2017.08.22
08:52

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Tue
2017.08.22
18:28

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Tue
2017.08.22
18:28

そらママ #-

URL

モカさん、退院おめでとうございます(^-^)
再会のシーンでは、モカさんの喜びように
私まで胸が熱くなりました
本当によく頑張りましたねぇ
幸せになるための少し大きな傷口を
おばちゃんも心を込めて撫~で撫で(^-^)

Edit | Reply | 
Wed
2017.08.23
01:16

むぎパパ&ママ #W/NRqYvo

URL

●鍵コメ①さん
モカとのご対面は本当に驚きました。
とは言え、私は撮影に必死で感動の余裕なし(笑)

むぎママもKさんのこと、とても尊敬しているんですよ。
お母様のことやネコの病院と忙しく動いていらっしゃって・・・
『私の力になっています』むぎママよリ・・・

●鍵コメ②さん
ご心配をおかけしましたが、無事退院しました!
モカのために。。。
それだけを考えて、あとは先生と神様を信じるだけでした。
これからは我慢、我慢、我慢・・・犬も人も。
そうすれば辛い思いをした分、幸せもドッサリ・・・だよね?

そう!最後の写真、さすがの目の付け所!!
奥の2つのいい味に気付いてくれて、嬉しいぞ~

●そらママ
モカとのご対面は喜んでくれるかな?とは思いましたが
まさかあのテンションとは・・・嬉しいやらビックリやら心配やら・・・
でも幸せの瞬間でした。。。
大きな傷口を撫で撫でしてもらって、きっと早く治る気がする♪
ありがとうございます!


Edit | Reply | 
Wed
2017.08.23
23:17

ぶっちmama #tZDc9YLU

URL

モカちゃん、退院おめでとうございます!(*´꒳`*)
入院中は凄く長く感じたと思います。
まだこれから安静の期間、目が離せず大変かと思いますが、
ひとまずお疲れ様です!
迎えに来てくれて嬉しそうなモカちゃんのお顔に涙です。(*´-`)
安心出来たから、これからの回復は早いはず!
応援してますよ!(*´∀`*)

Edit | Reply | 
Thu
2017.08.24
00:57

むぎパパ&ママ #W/NRqYvo

URL

●ぶっちママ
応援ありがとうございます(^^)
入院中は長さよりも、モカがいない違和感が大きかったです。
それほど鳴く子でもないのに、いないと存在感を再確認しますね。
目に見える傷は日に日に良くなっているのが分かりますが
目に見えない中の骨が順調に繋がってくれるのを願います。
本人はもう走りたがっていますが・・・(^^;
ぶっちさんもフレー!フレー!

Edit | Reply | 
Thu
2017.08.24
09:52

ハーモニー #-

URL

こんにちは^^
モカちゃん、退院おめでとうございます。
退院の時のモカちゃんの嬉しそうなお顔。
そして帰ってきて、スヤスヤ眠っている様子。
本当にモカちゃんも安心したのですね。
モカちゃん、がんばったね。

これから安静を第一にして、
日々、回復していくのを祈っていますね。

Edit | Reply | 
Fri
2017.08.25
01:16

むぎパパ&ママ #W/NRqYvo

URL

●ハーモニーさん
ありがとうございます!
モカが安心できるのが私たちも一番安心です。
でもモカが頑張って、自分の力で未来を切り開いたのは本当に偉いと思います。
安静は大変ですが、日に日に良くなっていくような気がして嬉しいです!

Edit | Reply | 
Mon
2017.08.28
11:40

ぴーちゃん&ぴよちゃん #qULX9F1o

URL

退院おめでとうございます
とっても 元気に 歩けてるので びっくりです
良かったですねー
傷口が大きくてかわいそうとのことですが
それも悪くはないのですよ 大きいからこそ きっちりと治療できています
インコの骨折の場合は 骨の中にピンを通して固定して
足の筋肉も縫うのですが なにせ小さいので 難しいのです
翼の場合は修復が難しいと 落とすことになりますし 
内臓の手術にしても 大きければなって思うことも多々あります
毛が生えてきたら 目立たなくなりますし
手術跡も大きいからこそ 元気になったと思えば それもまた愛おしくありませんか
元気すぎて 安静が難しそうですね (*^。^*)

Edit | Reply | 
Tue
2017.08.29
00:57

むぎパパ&ママ #W/NRqYvo

URL

●ぴーちゃん&ぴよちゃん
ありがとうございます。
退院時は手術後1週間とは思えない動きにビックリでした。
インコのように小さい鳥の治療は、難しそうですね。
鳥の治療ができる病院は、犬猫よりも少なそうですし、
ご苦労が多いことと思います。
確かにモカの場合、傷の大きさが頑張った証と思えて
より愛おしく感じます。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?