再入院

 23, 2010 02:10




3月20日(土)虎太郎家がむぎのお見舞いに来てくれました☆
かわいいお花、どうもありがとう。

IMG_0420-1_20100322214533.jpg




虎家とはブリーダーさんで知り合ってからずっと仲良くさせてもらっています。
むぎの病気が分かってから、電話をくれたりとっても心配してくれて、この日も
わざわざ連休の渋滞の中、むぎに会いにきてくれました。




4ヶ月の時。取っ組み合いして遊ぶ、虎ちゃんとむぎ。
スキャン0001-1




8ヶ月の時
スキャン0002-1





この日はもう暗くて写真が撮れずに残念でしたが、むぎも久しぶりに虎ちゃんに会えて
嬉しそうでした。本当にほんのちょっとだけど、虎ちゃんと走ることもできました。


虎太郎家のみんな、どうもありがとう。本当に嬉しくて感謝しています。





虎家から頂いたおもちゃ  『どっちにしようかなぁ・・・』

IMG_0454-1_20100322214547.jpg




その日の夜、ものすごい風でした。
ベランダの花や植木はなんとか倒れずに無事だったものの、風の音がすごくて私も何度も
目を覚ましてしまうほどでした。

雷や花火の音などが恐くてよだれダラダラになるむぎなので、心配になってサークルを
覗いてみると、やっぱりよだれダラダラ・・・風では初めてのことです。
病気のことも心配になったので、むぎパパが『今日はむぎの横で寝るよ』と言って一緒に
寝ました。
でも一晩中、落ち着かなかったようです。




IMG_0478-1.jpg




3月21日(日)昼間サークルの中を見るとトイレにウンチがしてありました。
相変わらずのゆるゆるウンチ、最後に少し血も出ていました。

夕方のお散歩の時はウンチをしなかったのですが、夜中0時すぎにまたトイレでウンチ。
やっぱり最後に少し血が・・・そしてオシッコもしてありました。血尿でした・・・

3月22日(月)午前2時前、またゆるいウンチ。やっぱり血が混ざっています。

朝7時前、2回ゆるいウンチがしてありました。血は全体にうっすら付いている感じでした。

昼11時半ころ、また2回ゆるいウンチ。血も朝と同じ感じでした。

ウンチの感じがむぎの発病時と同じだったので病院に電話をし、病院はお休みでしたが先生が
夕方5時ころ診てくれることになり、病院に行くことにしました。

午後3時ころ病院に行く前にトイレに出したら、2回ゆるいウンチ。血も朝と同じ感じでした。




IMG_0429-1.jpg




病院に着くとまず体重測定。11.22kg・・・過去最低です。
その後、血液検査。10分ほど結果を待ちます。。。




IMG_0433-1_20100322214533.jpg




検査の結果、やはり貧血がかなり進んでいて、更に肝臓系の値も過去最悪でした。




IMG_0494-1.jpg




土日はむぎパパが仕事のため、1日早く3月19日(金)定期健診をした時にも血液検査を
しましたが、1週間飲み続けた免疫抑制剤の効果もあってか、その時は貧血が改善に
向かっていました(肝臓系の値は薬の副作用のせいか、やや上昇していました)。
そんな矢先の今回の悪化でした。


検査結果(3/13 ⇒ 3/19⇒ 3/22)
【貧血系】
赤血球数(524万 ⇒ 552万 ⇒ 499万)
ヘマトクリット(39.0% ⇒ 42.8% ⇒ 39.5%)
ヘモグロビン(13.1g/dl ⇒ 14.0g/dl ⇒ 12.7g/dl)

【肝臓系】
T-Bil(0.4mg/dl ⇒ 0.4mg/dl ⇒ 0.4mg/dl)
GPT(121IU/L ⇒ 498IU/L ⇒ 784IU/L)
ALP(133IU/L ⇒ 164IU/L ⇒ 235IU/L)

 


IMG_0435-1_20100322214533.jpg




おとといまでは笑顔もたくさん見ることができて、動きも軽やかだったので、調子が良いなぁ
と思っていましたが、先生のお話では『強風の恐さによるストレスや疲れ、または季節の
変わり目などの影響が出たのかも知れません』とのことです。



検温中でしゅ
CIMG2178-1.jpg




改めて目に見えない体の中で事件が起こっている病気の恐さと難しさを再認識しました。
今後は病院での血液検査の数値(貧血、肝臓とも)のバランスが取れて改善が見られる
まで入院して様子をみることになりました。



採血中でしゅ。笑顔のむぎ。みんなを笑顔にしてくれます。
CIMG2182-1.jpg


帰宅後、夜10時頃病院から電話があり、先生から『先ほど、ステロイドを注射で入れました。
あと、今晩からシクロスポリンを使います。』とのことです。
シクロスポリンは今まで使っていたイムラン(人間用薬品)よりも高価で強い動物用薬品の
免疫抑制剤で、以前“切り札”と書いたお薬です。

効いてほしいと願うしかありません。




今日からまた少し寂しいむぎ家です。。。




スポンサーサイト

COMMENT 6

Tue
2010.03.23
11:27

ショコママ #-

URL

ムギ君の為に頑張っているパパ&ママの様子が痛いぐらい伝わって来て、中々コメントが書けませんでした…でも、多摩の隅っこから応援していますよv-22
張り詰めた心が折れない様にね…v-238
パパ&ママの先生への揺ぎ無い信頼感は、きっとムギ君の精神的にも良い効果があって、入院をしていても不安な気持が軽減されているのでしょうね。
改めて、先生との信頼関係の大切さを教えて貰った様な気がします。
サクラちゃんも寂しがっているでしょうね?
ムギ君が一日も早く体調が戻り帰宅出来る様に、
ショコ家も祈っています。。。応援していますv-218

Edit | Reply | 
Tue
2010.03.23
18:15

noelle父 #-

URL

こんな容態のときでも、ムギくんは本当に愛らしい笑顔で
逆にみんなを癒してくれますね。
胸が締め付けられる想いです。
きっと、パパ&ママや先生の気持ちや手当てで
苦痛などは無いからこその笑顔なんでしょうね。

今度のお薬が効いて、回復のきっかけになることを
願っております。

Edit | Reply | 
Tue
2010.03.23
20:57

まろんぱぱ #8QKJzHN.

URL

頑張れむぎ!!

むぎ、あまり良くならないのですね、、、
なんて、コメントしたらいいか分からなくなってしまいます.

むぎも頑張ってるんだよね!!
もう少しだから、ほんと、頑張ってね。
薬が効くことをマロン共々、祈ってます。

Edit | Reply | 
Wed
2010.03.24
02:10

むぎパパ&ママ #W/NRqYvo

URL

●ショコママ
応援コメント、ありがとうございます。
むぎ、本当に頑張っています。
病院の先生やスタッフの皆さんもとてもよくしてくれています。
むぎもリラックスしているので、先生に安心してお任せすることができます。

さくらは全てを分かっているようで、いつもはお留守番のときはキュンキュン鳴くのに、
むぎを病院に連れて行くときやむぎのお見舞いに行くときには鳴きません。
本当に偉い子だなぁと思います。

●noelle父さん
そうなんです。
私たちもむぎの笑顔で癒されると同時に救われています。
多分苦痛もないんだと思います。
むぎの病気の場合、リラックスできることが病気と闘うときにはとても大切なので、
この病院にお願いして本当によかったと思います。

●まろんぱぱ
いつも応援ありがとうございます。
みなさんの応援がむぎにもきっと届いて、むぎも毎日頑張ってくれています。
またマロンちゃんに会える日が来ると願っています。

Edit | Reply | 
Wed
2010.03.24
23:11

いずみ123 #-

URL

やっと、自由にPCが使えるようになってきてみたら、再入院していたんですね。
写真のむぎちゃんの顔を見ていると本当に笑顔のようです。
それだけでも救われる思いです。
一日でも早く本当の笑顔になれるように頑張ろうね!

Edit | Reply | 
Thu
2010.03.25
03:39

むぎパパ&ママ #W/NRqYvo

URL

●いずみ123さん
この病気では実は私たちがむぎに励まされたり、
勇気づけられたりすることが多いんです。
本当にむぎの笑顔には助けられています。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?