FC2ブログ

Photo Gallery

さかのぼって、、、


11月4日、モカの術後3カ月検診へ行ってきました。

IMG_3619_20171112044210702.jpg

先生に診てもらったでしゅよぉ~



IMG_2646_20171113013251129.jpg

9月10日、術後1カ月検診のレントゲン写真。。。


この時、骨の癒合が始まっていて極めて順調と
お褒めの言葉をもらいました(*^^*)


でも骨と骨の間にはまだ隙間がありますね。。。



IMG_2925-1.jpg

そして今回が、、、


癒合が進み、骨がくっ付いてるぅ~~~(*^^*)


先生からお散歩は普通にしていいですよ。
とお墨付きを頂きました(*^^*)


でも高い場所へ飛び乗ったり、飛び下りたりは気を付けて下さい。
犬同士で遊んでもいいですが、
上に乗られたりしないようにとのことです。


モカの場合、どっちもやっちゃうんですよねぇ~
お散歩も嬉しくって全力で引っ張りまくり・・・(^^ゞ


なので、お散歩は程々にしています。


モカにとっての普通の生活は、先生の基準ときっと違う(笑)


昨日もボールで遊んでいたら軽くびっこ。。。
私たちが気を付けてあげないとですね。



IMG_3663.jpg

入院、手術の時の明細書です。


細かくて見えないですが・・・(^^ゞ


IMG_3654.jpg




IMG_3670.jpg

ここまでの合計は、、、


797,472円


IMG_3622.jpg

モカはアニコムの50%保険に入っていたので、、、


186,696円


戻ってきました。


IMG_3671_20171113013250854.jpg

今回は、レントゲンだけだったので、、、


8,856円


IMG_3571.jpg

モカのこれから長い犬生・・・
痛みもなく走ることだって出来るようになる。

手術の選択をしてよかった。。。


山口先生じゃなかったら難しかったであろう手術・・・
山口先生に診て頂いて本当に良かったです。


かかりつけの病院の先生から

整形外科の第一人者の山口先生なら間違いない!

って言われたくらいでしたから・・・


そして、山口先生を紹介してくれたピノホリママにも感謝感謝です。
どうもありがとうございました。


次の検診は、3カ月後。。。



スポンサーサイト



前回の記事の続きです・・・


8日はモカの様子が良くなってきたのと、
平日の朝は渋滞がひどくてモカの車酔いが心配だったので
もともと予約していた今日通院することにしました。


ここ数日間で痛そうだった足がウソのように日に日に良くなっていたのですが
今日の通院では院長先生に

 『レントゲンを見ても、歩く様子を見ても、全く問題ありません。
1か月検診としては極めて順調で、何の心配もいりませんよ。』

 と太鼓判を押されました(*^^)v


IMG_1825.jpg



骨の接合面の癒合が少しずつ始まっていて、
このまま順調なら、あと2か月ほどで骨の隙間が無くなるそうです。


IMG_2645.jpg



つい数日前に立つことさえ一苦労だった様子を見ていただけに、
少しビックリしましたが

 『まだ骨が癒合していない ので、
何らかの衝撃や負荷によってズレが生じて、違和感が痛みとして
感じたのかもしれませんが、2~3日で治る症状であれば心配ありませんよ。』

 と聞いて一安心でした。


IMG_1840.jpg

傷もキレイになりました(*^^*)


家ではまだびっこを引いているように見えるのですが、
院長先生は

 『院内で歩くのを見る限りびっこを引いていないが、
病院ではアドレナリンが出て痛みをあまり感じていないのかもしれない』

とのことでした。


次の通院は2か月後で、シャンプーや散歩も少しずつさせてもいいですよ、
と言われましたが臆病者のむぎ家としては、1か月後の検診予約をお願いしました。


IMG_1075.jpg



ワンコのいる部屋は以前からあんよが滑らないように
クッションフロアを張っていました。


今回他にもワンコが歩く所は、クッションフロアを張りました。
ペット用で消臭効果があり、滑りにくいものです。


お散歩で外を歩くのはけっこう勇気が必要ですが、
少しずつトイレから外出させようと思います。


皆様、ご心配をおかけしました。。。m(__)m


8月27日


予定していた通院日


手術の傷跡もキレイになり、無事抜糸しました。


退院前の血液検査で炎症を表す数値が少し高かったので
経過確認の血液検査もしましたが、すべて異常なし。


ホッとしました。。。


次の通院日は2週間後、9月10日の日曜日。
レントゲン検査をして骨が上手くくっ付いているかを確認する・・・はずでした。



退院後のモカはとても良い子で、トイレと私たちとのスキンシップの時間以外は
サークルの中で生活をして、サークル内で多少動くことはありましたが、
暴れることもなく、おとなしく暮らしていました。


一昨日の昼間まではいつも通りゴハンも完食して、
サークルの外でトイレやナデナデをしたり私たちとの時間を過ごしました。


なのに・・・


夜のトイレをさせようと、むぎパパがサークルを開けると・・・


モカが出てきません。


出てこないどころか立ち上がることもせずに、伏せたままです。


おかしいと思い モカ、おいで! と声をかけると、
体を起こそうとしますが手術した右手を痛そうに浮かせながら、
プルプル震わせています。1歩も歩けずにまたすぐに伏せてしまいました。


右腕や肩をナデナデしても痛がる素振りはないのですが、
体重をかけられないようです。
表情にもいつもの笑顔はなく、元気もなさそうです。


これはただ事ではない!

でも何事かはさっぱりわからない!


ただ前回の抜糸後、こころなしかびっこがひどくなった気がしていたのですが
元気に動いているし、違和感があるだけかな?とあまり気にしていませんでした。
違和感が無くなるまで1年かかるそうです。


今思えば、痛かったのかもしれません。


とりあえず予定の通院日の日曜日を待たずに病院に行こうと、
水曜日病院に電話したところ今日は院長先生も副院長もお休みとのこと。


一番早く予約が取れる日、ということで金曜日に副院長に診てもらえることになりました。


できるだけ安静にさせていたつもりだったのに・・・

モカも頑張ってガマンの毎日を過ごしていたのに・・・



何がいけなかったんだろう?



と、



ここまではショック受けて、なんとか文章にしましたが
記事をアップ出来ず、力尽きて寝てしまいました。


まだ少しびっこを引いていますが
今日になって笑顔も見えてサークルから出てくるようになりました。


今まだ、むぎママともどもショックを受けていますが、
落ち込んでいてもしょうがないのでまずは金曜日、調べてもらってきます。


何事もないといいのですが・・・


モカの記事担当、むぎパパです。
モカ、8月19日に無事退院しました!!


当日は久しぶりにモカに合える嬉しさよりも、
どんな痛々しい姿なんだろう?
痛みで辛い思いをしているんじゃないか?
という心配な思いでした。



病院ではまず手術の内容をレントゲン写真を見ながら説明してくれました。


執刀してくれた院長先生は手術のため、若い副院長先生の話を聞きました。


術式は予定通り、インプラントによる肩関節全固定術で行われました。


肩甲骨の受け皿の凹部分と上腕骨の根本の丸い凸部分の両方に接合面を作るために
骨を平に削り接合した両方の骨をボルトやプレートや特殊なワイヤーで固定しました。


IMG_2471.jpg


う~ん、ちょっと分かりにくいでしょうか。。。



IMG_2479_20170822033212c8d.jpg


これぐらいアップだと分かりますね。。。


レントゲンで見ると、以前は骨の間隔が広く空いていたところが、
骨を削ることでピッタリと隙間なくくっつき、
複雑な角度から接合した骨を固定するボルトやピンが
打ち込まれているのが良く分かります。


先生には手術に使った特殊なワイヤーを見せてもらいました。


太いボルトを打ち込むための輪がたくさん繋がったようなワイヤーでとても丈夫でした。
手で曲げようとしても曲がらないほど固いのですが、
固定する関節の形に沿って立体的に機械で曲げるのだそうです。


IMG_2476_20170822033745df9.jpg



このワイヤーは海外では医療用として認可が下りていますが、
日本では関節の全固定術の臨床症例が少なく、
認可されていないので個人輸入して手術で使用しているそうです。


もちろん、医学博士の資格を持つ整形外科の権威である院長先生には
豊富な経験と熟練した技術があり、危険はありません。


医療技術の高さに驚くと同時に、
モカの体にこんなものが入ってるんだ・・・

と実感しました。


それから退院後の諸注意を受けましたが、とにかく安静、
激しい運動をさせないの1点でした。


もともと痛かった関節は、手術によって痛みの原因である
亜脱臼や炎症が無くなっているので思っているより普通に動くそうです。


びっこを引いているのは痛みではなく、
手術による違和感と聞き、なるほどな~と納得しました。


説明が終わり、待合室で待っていると
看護師さんがリードを付けたモカを連れて来てくれました。


歩くこともままならずヨロヨロと、または抱っこしてもらいながらの再会を想像していたら・・・


[広告] VPS



なんとビックリ!!


普通に大喜びで猛ダッシュ、むぎママに飛びついてきました。


想像とあまりに違う様子に、嬉しさよりも驚きしかないご対面でした。

まさに先生に聞いていた説明の通りで、これが大手術1週間後?

という動きです。

医療技術って、そしてワンコの身体ってすごいですね。。。



IMG_2484.jpg


そしてこの笑顔!


この笑顔が見たかったんです!!


この日は夕方、都心やむぎ家地方はすごい雷とゲリラ豪雨でしたが
渋滞の中、モカに負担がかからないよう安全運転で帰りました。


帰ってからのモカは熟睡・・・


病院でどんな思いで過ごしていたのか・・・
私たちが迎えに来てくれると信じていたのか・・・


そんなことを考えながら、すやすや安心して寝ているモカの姿を見ると、涙が出ます。


IMG_2543.jpg



手術創もキレイで順調に回復していますが、
いかんせん傷口が大きくてかわいそうです。


病院では食欲が落ちて、ウェットフードを混ぜないと完食しなかったそうですが、
帰宅後はいつものフードをドライだけで完食。
傷の痛みもあったのかもしれませんが、精神的なものが大きかったんでしょうね。。。


順調なら1週間後に抜糸、その2週間後にレントゲンで経過確認。
その後でエリザベスカラーを外して、少しずつお散歩復帰を目指します。

それまでは、


とにかく安静、安静、安静です。



骨の接合面が癒合するには1カ月から1ヵ月半くらいかかり、
違和感なく元通りに動けるには1年程度かかるそうです。


でも多少の違和感はあっても、常に痛みを感じながら、
動くことが苦痛な一生を考えるとこれからの長い犬生、
元通りの生活が送れれば、こんなに嬉しいことはありません。


少し高額な治療費ではありましたが、
かけがえのないモカの将来と幸せを考えると
我が家にとって正しい選択ができて良かったと思います。


改めて、我が家はワンコニャンコの幸せが、私たちの幸せなんだ・・・と実感しました。


また随時、モカの様子はご紹介していこうと思います。
ご心配いただいた皆様、心強い励ましを下さった皆様、本当にありがとうございました。



皆様、ご心配をおかけしてます。むぎパパです。


たくさんの方々に応援や励ましを頂き、とても心強く思っています。
本当にありがとうございます!



8月13日日曜日、モカの手術・・・無事に済みました!


IMG_2376_20170814030032bcf.jpg


病院へ我が家を出発する時のモカです。↑


朝から絶食、お水も飲めずに一人でお出かけ。
いつもと違うことは分かっていると思うのですが、、、笑顔です。


これから手術、しばらく家には帰れないのに、この無邪気な笑顔。
見ているこちらの胸が痛くなります・・・


誰も悪くないのに、なぜか 『ごめんね、モカたん』 と声をかけてしまいました。


そして前回のように車中で吐いたりしないように、ゆっくりゆっくり安全運転・・・


IMG_2384.jpg


病院そばの駐車場に到着したら、まずはトイレを済ませました。


病院に行ったらできるか分からないからね。。。


トイレが済んだらカートに乗って病院へ・・・
ここでも満面の笑みをくれました。


IMG_2405.jpg


手術前の最後の血糖値検査を済ませ、診察室へ・・・
先生が手術に関する詳しい説明をしてくれました。


IMG_2397-1.jpg


前回の検査結果は電話で教えてもらいましたが、画像も見せてくれました。


画像向かって左の骨の継ぎ目がモカの右肩関節。


丸い上腕骨の根本の部分と、本来受け皿のようになっている肩甲骨が
はまっていなければいけないのに、肩甲骨が受け皿のように丸くなっていません。
モカの場合はもともと肩甲骨が真っ直ぐな形なので上腕骨がはまらず、
広く隙間ができて常に亜脱臼の状態でした。


向かって右の左肩は受け皿が丸く、上腕骨がはまっているように見えますが
これでも通常の受け皿よりは浅く、今後右肩のようになる可能性があるそうです。



ただし右肩が治り、かばうことがなくなれば、左肩も悪くなりにくいとのことなので、
まずは今回右肩を一つの骨のように繋ぐ、肩関節全固定手術をしました。


IMG_2442-1.jpg


手術の前に何種類もの書類にサインしましたが、
これには治療内容と目標を先生が記入してくれています。



治療目標に 『患肢を痛みなく、使用できるようになること』 と書いてあります。


モカに以前のように思いっきり走らせてあげたい。
私たちの願いはただそれだけです。


先生に 『最後に何か聞いておきたいことはありますか?』 と聞かれた私は、
『特にありません。全て先生にお任せします。』 と言った後、、、


 『モカの足をまた元気に走れるように・・・』 


と言いかけて、涙があふれそうになり言葉に詰まってしまいました。


モカが心配してはいけないと思い、ぐっとこらえて


『よろしくお願いします』 と言って、看護師さんにモカを預けました。


IMG_2416.jpg


看護師さんは 『大丈夫ですよ。大切にお預かりしますね。』


と笑顔でモカを抱いていきました。


モカは・・・微妙な表情。。。


この日初めて、笑わずに私の顔を見つめていました。。。
私は胸が締め付けられる思いでモカを見送りました。


手術は13時から、2~3時間かかるそうです。



麻酔が覚め次第、電話連絡をくれることを確認し、
手術の内金を清算して病院を後にしました。


IMG_2418.jpg


帰りの道中は、朝までほぼ徹夜で仕事をしていたとは思えないほど
眠気もなく変な緊張感で頭が冴えながら運転していました。


病院からは16時ごろ電話があり、手術は無事終わり、麻酔からも覚醒して
経過は順調とのことでした。


まずは一安心しました。。。


IMG_2440.jpg


参考までに領収書を載せます。


手術前に内金として、見積額の半額を支払うことになっているそうです。
残りは退院時に清算します。


入院中、面会ができないのでどうしてるのかな?
肩は痛くないのか心配です。


今日は昼過ぎに電話しましたが、朝ご飯は完食したそうです。


良かった。。。


痛みは、貼るタイプの薬を使っているそうです。
痛みながらも、ちょこっと足を付いていると聞きました。


少しでも痛みが楽になるといいのですが・・・


このまま順調に行きますように。。。


WHAT'S NEW?